HORIHOLI

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

願いは叶う

初めて願いは叶うっていうのを実感したのは友人と二人でロサンゼルスに行った時でした。

僕達は地図の縮図も気にせずバスとか電車で簡単にロサンゼルスからラスベガスまで行けるだろうと思って、あまり日本で予定も立てずに行っていました。

そしてロサンゼルスに着いて地図を見てわかった事はロサンゼルス~ラスベガスの距離が500㎞位。
バスで片道5~8時間が38ドル。
飛行機で一時間。

貧乏人だった僕達が飛行機を使えるはずもない ⇒ 日帰りは無理 ⇒ 宿を確保しなければならない(バスで行くとしても) ⇒ 英語力のない僕達には宿のとり方がわからない、しかも金もない ⇒ ラスベガスには行けない。
そして余裕で行けると思っていたグランドキャニオンにも行けないという最悪の事態がわかってしまった。

そして近辺の観光スポットを一通り回ってしまった僕達はアウトレットの場所を聞こうと観光案内所に行った所、近くにアウトレットがない事がわかった。
そして行く所がなくなってきた時にリトル東京に行ってみた。

リトル東京で、たまたま手に取って持って帰ったチラシをホテルに帰って眺めていると「グランドキャニオンとラスベガスの旅二泊三日$130」というのが目に入ってきた!
しかも道中でアウトレットにもよるみたいだ。

そして電話してみると定員ギリギリでなんとか予約ができた。

これが正直、高いのか安いのかは僕にはあまりわからないが当時、ラスベガス~ロサンゼルスのバスの往復が72ドルとわかっていた僕達には少なくとも安く感じた。

そしてラスベガス、グランドキャニオン、アウトレットにも二ヶ所、行けて前から行きたいと思っていたラスベガスのコーラショップとハードロックカフェにも行けたのは凄くラッキーだと思う。


最近も無生に映画館で映画が観たいと思っていた。

しかし現在、「職なし」「金なし」「彼女なし」の三拍子が揃っている僕は自粛しようと思っていた。

だが、あわよくばという思いで映画試写会に応募してみたらミラクルが起こって当選した。
無料で映画館に招待されたのである。

しかも映画も面白かった。


無理だと思っても、とりあいず行動してみると何かが起きる。

action
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-13 02:02

高校生の時に悟っていた

「難しい」というのもひとつの信念なのです。
「難しい」のは真実ではありません。
ただ、「難しい」という信念を持っているだけなのです。
ですから、まずは、その信念を変える必要があります。


僕の崇拝している須藤元気さんの著書「バシャール」にこんな事が書かれていた。

今の自分の置かれている状況を考えると読んでいてシンクロだと思った。


そういえば少し前にハローワークで「ガイダンスの会場には駐車場がないので車で行くのは無理」と言われた。

色んな事情があり何とかして車で行きたかった。

しかし、ハローワークの人(今回の件に関してはプロ)が言うのだから間違いないと思って諦めて行きは父親に送ってもらった。

ありがとう。お父さん。

だが、行ってみると普通に駐車場があって簡単に停める事ができる状況だった。


最近、高校生の時に友人と、よく言っていたキメ台詞を思い出した。

「絶対がないって事だけが絶対や」
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-12 01:35

シンクロ

偶然なのか運命なのか、ある映画を観た。

内容が少し自分にリンクしていて涙が止まらなかった。

大切な人の写真を撮りたいと思った。
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-11 02:12

大切な人

嬉しいような悲しいような知らせがあった。

嬉しいのか悲しいのかハッキリしないのは将来のビジョンが明確ではなく自分の欲している事が曖昧だからだと思う。

ただハッキリしないというよりも、涙が止まらないほど悲しくもあり嬉しくもある2面性を持った知らせだったとも思う。

涙をこらえるのに必死で真冬にも係わらず暖房なしでも体温を熱いと感じる程の精神状態だった事を考えると、その知らせは僕にとって凄く重要な事だったんだと思う。


今の気持ちを忘れない為にも正直な気持ちをココに記す。

あまり深く考えず率直な気持ちとしては悲しいという気持ちの方が強い。

ここで悲しいと思ってしまうのが自分の弱さだと思う。


しかし、少しは成長したのか知らせを聞いた5時間後には落ちた気持ちを、なんとか上向かせようと考えられるようになった。

昔の自分だったら「人生の終わりだ」と嘆き苦しみ明日の学校にさえ行く事もなく、ふてくされて過ごしていたかもしれない。


感謝の気持ちを忘れず毎日を必死で楽しみ成長して恩返しをしたいと思う。
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-10 02:17

臨機応変

c0229243_3152714.jpg


この写真は昔に夜桜を撮りに行った時に撮影した写真です。

よく目的とは違う被写体の撮影に熱中してしまいます。

まあ予定とは違うけど撮影に熱中できているなら被写体は何でもいいですけどね。

カメラを構える事がないとシャッターを切る事もないので結局、動き出す事が重要って事かなと思います。
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-09 03:21 | Photographs+

プロフェッショナル

テレビでお笑い芸人が吊り橋の上で自転車に乗る時に

「(手すりが)低い」
  ↓
「落ちる」
  ↓
「命の灯火が消える」

と言っていた。



「(手すりが)低い」
  ↓
「落ちる」
  ↓
  ↓←僕はこの時点で次は「死ぬ」だと思った。
  ↓
そこに「命の灯火が消える」がやってきた。


意味は同じなのに「死ぬ」だと単純で面白くないが「命の灯火が消える」は、間抜けな行動とは裏腹な表現でギャップがとても面白かった。

僕にはないセンスだった。

やはりプロは凄い。
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-07 20:24

脱国道番長

みなさんは車を運転していて渋滞にはまった時にどうしますか?


・俺は国道番長!渋滞にはまっても進路変更はせず、ひたすら進むのを待つ。

・一方通行も怖くない!とりあえず脇道に入って抜け道を探す。


この選択の答えには、顕著に性格がでると思います。


進路変更をしない方は慎重な計画派。
脇道に入って遠回りしたり迷ったりする位なら渋滞していても予定通りの道で行こう。
無難。無難。


抜け道を探す方は行けばわかるさの行動派。
ちんたら待っている位なら、とりあえず動こう。
一か八か。


僕は俄然、国道番長です。


しかし僕が憧れる人には圧倒的に一か八か派の人が多いと思う。

リスクを恐れて無難に行くと大きく成功する確率は低い。

リスクを恐れず攻めると失敗して痛い目にあう事もあるだろうが次から、その脇道に入らなければいいだけの事。

抜け道を見つけたものなら次からは抜け道でスイスイ!


大きく成長する為にはリスクを恐れずチャレンジした方が熱い。


そんな話をしていたらショートカットできそうな道を発見した。

一か八かで行ってみるとショートカットに成功!

チャレンジするって素晴らしい!!
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-06 22:49

行かなくちゃ



僕の心もかくれんぼ
見えない明日の 道しるべ
見つからないと 立ち止まっては
懐かしがってた 夏の日

変わらない ここで待ってても
行かなくちゃ 一人ぼっちでも
何処かで 僕を呼ぶ声
届くかなぁ 明日天気になれ
[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-05 01:21

橙トレイン

c0229243_3283210.jpg

[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-04 03:28 | Photographs+

冬の夜に

写真を撮ってきました。
c0229243_316431.jpg

[PR]
by slamdunk_cola | 2009-12-03 03:16 | Photographs+